読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

習慣がないと機能しづらい?

 

f:id:kazuhotel:20170205033807j:plain

 

 マンガのようなこと、私はよくあります。普段は、帰宅したら机のイスに上着をポイッと掛けて、その辺にカバンを置く。恥ずかしい話ですが、コートをハンガーに掛けたり、荷物を荷物入れに入れる習慣がありません。だから、座席をゆったり使ってもらうためにお店が用意してくれたハンガーやカゴも、使っていないことが多いんです。

 

習慣がないと機能しづらい。提供する側でも使う側でも、似たような経験をしたことはありませんか?以前、家具デザインの仕事をしていたときの話です。可動できる商品を考えたところ、「家の家具を動かすことなんて、ほとんどないですよ。」とお店の女の子から言われて、ハッとしました。確かに自分はやっていない…、そうしたほうが良いこと、そうしたほうが便利になることがあります。でも、その時に一度「そうする習慣があるか?」と考えてみるのもありかもしれません。スマホのように馴染みが無くても受け入れられていくモノもありますが、そんなスマホもきっと私たちの習慣にもとづいて考えられているはずです。

 

 

あなたは、用意されても使わなかった経験がありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

電信柱があって良かった?

 

f:id:kazuhotel:20170205033707j:plain

 

 私はどういわけか、道端で倒れている人によく遭遇します。ここ1年で4回も…。夜中に高齢者が道で倒れ込んでいたり、ときにはケガをして動けない人もいました。そんなときに、とても助かったのが電信柱。知らない土地で救急や警察に場所を知らせる際、電信柱に書いてある住所を見てすぐに伝えることができたからです。声を掛けながら電話をして、スマホで調べている時間もなかったので本当に助かりました。

 

送電線が地下になって、電信柱が無くなっている地域も増えてきています。自然災害の影響を受けにくいし、景観もよくなる。メンテナンスが大変そう…などと余計な心配をしていますが、地下化は賛成です。ただそうなったときに、瞬時に住所を知る方法がなくなってしまうなと思いました。何かを大きく変えるときには、無くさなければならないこともある。自身の仕事でも、それを相手に理解してもらうことが多いんですが、それは分かっていながらも、良かった部分をどうにか別のカタチで残せないものかと考えてしまいました。

 

 

あなたは、これから無くなっていくモノの中で、残してほしい点などはありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

リスク0は失敗する?

 

f:id:kazuhotel:20170205033626j:plain

 

 最近は小売業も厳しいようで、できるだけリスクの少ない方法をとるようになっています。特に在庫をかかえるのは大きなリスク。在庫を持たずに売れたら注文をして取り寄せたり、在庫をメーカーから預かって売れなかったら返却できる方法もあります。ただ、それらのやり方でうまくいっている例をなぜかあまり見かけません。

 

本当はメーカー側としては商品をまとめて仕入れてくれたほうがいい。その都度商品を発送したり、売れなかった商品が返却されたりなので大変で、関係性もあまりよくありません。販売店は、在庫を抱えてどうにか売り切らないといけない状況と比べると、どうしても「売れなくても大丈夫」という意識が働いてしまいます。利益も在庫販売より少ないし…。その結果、あまり売れない状態になる。経営としてリスクを最小限にするのは重要なことなので、在庫を抱えないという判断は頷けます。でも、「リスクが無い=結果を出さなくても大丈夫」となってしまうこともあるので、気を付けたほうがよいかもしれません。

 

 

あなたは、リスクを背負ったほうがいいと思いますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

見つからないときの探し方?

 

f:id:kazuhotel:20170205033528j:plain

 

 先日、ある仕事でイベントができる場所を探すことになりました。ところが、イベント会場検索サイトなどでいくら探しても、求めている条件に合う会場が見つかりません。出てくるのは、貸し会議室や貸し切りができる飲食店など…。そこで、自分たちがこれからやろうとしているイベントと同じようなことを過去にやった人が、ネットに開催レポートなどをあげていないかと考えました。そして、その人たちがその記事に使っていそうな言葉で検索してみたところ、会場検索サイトには掲載されていないスペースを見つけることができました。そこは、とある会社の中にある一画。普通に探しても到底見つけることができなさそうです…。

 

簡単に探せる・探しやすい方法は、たくさんあります。でもその方法で見つかるのは似たような結果なことが多い。そんな中でも、すぐに結果に辿り着ける人がいて、その人の探し方を見ると、面白い探し方をしていたりします。「検索ワードセンス」なんて言葉もありますが、自分が求めている結果をネットに載せる人がどんなふうに載せるかを考えたら、見つからなかったものが見つかるかもしれません。ネットに頼ってばかりでもダメなんですけどね。

 

 

あなたが知っている、見つかりにくいものを見つける方法は何かありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

外から見てどう?

 

f:id:kazuhotel:20170205033439j:plain

 

 私はフリーランスで仕事をしています。いただく依頼は様々ですが、その中の3分の1ほどは、依頼をくれた会社の社内でも対応ができる内容です。それでも外部に依頼する理由は、対応しきれないことだけが理由ではありません。話を聞くと、「外からの目線で考えてほしいから」という意見が多いんです。

 

私も経験して気付けたことですが、内部に身を置いていると、客観的な視点でみているつもりでも、どこか自分たちの都合で考えてしまいます。お客さんは自分たちを好意的にみてくれていると思ったり、自分たちが仕掛けたことにちゃんと反応してくれると考えたり…。でも、関係のない外から同じものをみると、いち消費者として全くちがうみえ方。じっくり目を通してくれると思ったチラシも、普段はちらっとだけ見て捨てていたりします。もちろん、内部にいても世間一般の感覚が分かっている人もいますが、外部に依頼することで常に客観的にどうか?を重視している会社が意外に多いことにあらためて気付きました。

 

 

あなたは、外部からの視点を取り入れていますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

いろいろあっても笑顔でチャラ?

 

f:id:kazuhotel:20170205033340j:plain

 

 ここ最近で一番と言っていいほどハードな週末を過ごしました。木曜日は早朝から空間コーディネートの仕事に出かけ、家具を組み立てたり設置したり…。その日のうちに2つの場所を仕上げ、担当の方のOKをもらって帰ってきたのは深夜2時頃。帰宅後はそのまま次の日に納める仕事を仕上げ、仮眠を取って翌日はイベントの準備と設営に…。開始後はいろいろと予想できなかったことも起きてしまいましたが、なんだかんだで無事終えることができました。

 

そして、打ち上げ会場でグッタリしていたところに、イベントを手伝ってくれた人が話しかけにきてくれました「顔色わるいけど大丈夫?」。疲れた感じを出してはいけないんですが、その日ばかりは隠し切れず…。その人は雑談の中で、自分や仲間がとても楽しめたと嬉しそうに話してくれて、参加者が楽しんでいた様子も教えてくれました。…で、話が終わる頃、「顔色よくなったね♪よかった!」と…。楽しんでくれたんなら良かったなぁ~と、いろいろ大変だったことが報われた気持ちになってホッとしたのかもしれません。前日のコーディネートの仕事でも、担当の方がとても喜んでくれたのを思い出し、自分の仕事は「喜んでもらえること」で支えられているんだなと、あらためて実感できました。

 

 

あなたは、大変だったことが報われたなぁと思えた瞬間はありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

緑色のショベルカーは...?

 

f:id:kazuhotel:20170129061036j:plain

 

 一般的に建機などの工事車両には、周囲に危険を知らせる警告色である黄色が使われています。ショベルカーの黄色。でも、緑やオレンジのショベルカーもあります。「危険だと黄色」と覚えてしまうと、黄色くない色はそんなに危険でないと思うかもしれない。そんなことを考えてしまいました。黄色=危険。黄色≠緑。緑≠危険?

 

私は今まで、理屈で物事を考えてしまうことに悩んでいました。数年前からは、感性と理屈の双方で考えるようになりましたが、きっとそれまでの考え方だったら、「緑色はそこまで危険ではない」という答えを出していたかもしれません。情報を整理したり、感覚で決めつけないために理屈で考えることはとても大事なことです。でも、理屈で考えることに慣れすぎてしまうと、思わぬ答えを出してしまうこともあります。正しい情報と知識を持っていれば、理屈で考えてもそこまでズレた答えに辿り着くことはありませんが、偏った情報と知識をもとに考えることのほうが多いので、注意しなければいけないとあらためて思いました。

 

 

あなたは、理屈で考えた答えに違和感を持ったことはありませんか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain