デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

これは何の番号?

 

f:id:kazuhotel:20170307070522j:plain

 

「メールです。XXX@YYY.com XXX@YYY.com までお送りくださ~い!」聞いていたラジオの中での何気ないひとコマですが、重要なことにあらためて気付かされました。それは、はじめに入れている「メールです」。これがあるから、その後の記号をメールアドレスと認識して聞くんです。入れていなければ、@が出てくるまでホームページのURLなのか何なのか判断が出来ません。変なことを言っているようですが、それが出来ていない表現は街中で結構見かけます。

 

「03-XXXX-YYYY」は、馴染みのある市外局番なので、東京都の電話番号かファックス番号だと分かります。でも「092-XXXX-YYYY」だったら、同じスピードで認識することが出来ません。何の情報か知らせた後に内容を伝えるから、相手が受け取れる。そう考えると、普段伝えている記号の羅列が、すぐに理解されているかは怪しいところです。ホームページのURLを伝えるときに何気なく省略している「URL:」や「http://」「www.」。本当に省略して良いかどうか、その都度よく検討した方が良さそうです。

 

 

あなたは、すぐに何の情報か分からなかった経験はありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

条件が多すぎて面白い?

 

f:id:kazuhotel:20170302021051j:plain

 

 初めて就職した会社でデザインの仕事がうまくできず、久しぶりに会った学校の先生に愚痴ったことがありました。「条件が多すぎて、デザインのしようがない」。車や電化製品など、構造上の問題を考えていくとある程度カタチが決まってくるものは確かにあります。でも、だからデザイナーの力が必要なわけで、少ない条件をクリアするのは簡単。ちなみに、愚痴ったときの先生の返しは、「じゃあ、デザイナーやめろ」でした。

 

今までデザインの仕事をしてきて、何度か震えるような瞬間がありました。それは、条件が多すぎてやりようがないような依頼に対して、みんなが納得のデザインをあげられたとき。そういったことが楽しめるようになってからというもの、他のデザイナーが断った案件などが、私にまわってくるようになってしまいましたが…。「この予算じゃ…」「この環境じゃ…」「この納期じゃ…」。そんなときこそ、デザイナーの腕の見せどころだと考えるようにしています。条件が多すぎると確かに難しい。でも逆に、条件が全く無いほうがよっぽど難しいはずなんですけどね。

 

 

あなたは、条件が多すぎて大変だったことはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

みんなは欲しいはず?

 

f:id:kazuhotel:20170302021021j:plain

 

「こうすればきっと欲しくなる!」「こんなに魅力が詰まっていたら買うはず!」そんなプレゼンを聞くと、たしかにそうかもな~と思います。でも、「じゃあ、あなたは買うの?」と尋ねると、どういうわけか買わないと答える人が多い。「私はターゲットじゃないから…」「私は普通の人と感覚がちがうから…」。??

 

理由を具体的に聞くと、買える金額だけど家に置く場所がない、良いんだけど部屋の雰囲気に合わない、うちは子供中心の生活だから…。聞けば聞くほど、「それがリアルなターゲットの事情じゃないの?」と言いたくなってしまう内容ばかり。例え自分がその商品のターゲットから外れていたとしても、自分が抱く懸念と同じ懸念を抱く人もいるはずです。その懸念事項をたくさんあげて解消するためのアイデアを考えれば、売れる可能性はもっと広がります。あなたが買わないものは、他の人も買わない。昔、学校の先生に言われたときはピンときませんでしたが、ようやく理解できるようになりました。さすがに女性モノの下着とかは当てはまりませんけどね。

 

 

あなたは、自分が興味のないモノを人に勧めたことはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

入口に贅沢を?

 

f:id:kazuhotel:20170302020932j:plain

 

 美人のお姉さんがいる受付。エレベーター嬢のいるデパート。欧米の人たちからすると、どうしてそんな仕事が必要なのかよく分からないそうです。会社の受付なら内線を置いておけばいいし、エレベーターは自分で操作できる。確かにそうなんですが、「できるから不必要」「代替できるから不必要」とはならないのではないかと。これから多くの仕事が無くなっていくと言われていますが、私は受付係やエレベーター係は少なくなっても無くならないような気がするんです。

 

前職で度々訪れていた中国では、どの会社も必ずエントランスを豪華に作り込んでいました。高価な美術品や数百万円はするようなテーブルセットが置かれていたり、なかには建物の中に人工の池を作っている会社も。こんなにウチの会社は繁盛しているんだよ!というアピールではありますが、それをふまえたとしてもそこまでする必要はありません。お客さんが来ないオフィスだからと言って、必要最低限の環境があればいいのか?果たしてどうなんでしょう。

 

 

あなたは、「そこまでする必要はないんじゃないか?」と思ったことは何かありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

特徴はひと言で?

 

f:id:kazuhotel:20170302020902j:plain

 

 コンビニのファミリーマート。セブンイレブンやローソンといった競合を相手に頑張ってるな~と、ある記事を読みながら、ふとどんな特徴があるか考えてみました。「無印良品が置いてある」「Tカードが使える」「チキンが美味しい」…。いくつか挙げていくと、生き残っている理由が何となく分かったような気がしました。それは、特徴がどれもひと言で語れること。長々説明する特徴がほとんど無いんです。

 

たまに一緒に仕事をする先輩は、企画立案やブランディングをやっているんですが、コンセプトを考えるときはいつもシンプルにひと言で語れることを意識しています。ややこしい説明になってしまうということは、まだ整理ができていないのと同じ。たしかに、世の中で支持されている人や会社、サービスや商品は、どれも簡単に説明できるものばかりです。もし、なかなか広まっていかない悩みがあったら、それはひと言で説明できないのが原因のひとつかもしれません。

 

 

あなたは、自分の特徴をひと言で他人に伝えることができますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

焼肉でも食べに行こうか?

 

f:id:kazuhotel:20170302020804j:plain

 

 自分の都合でそうしたいのに、あたかも「あなたのためにそうするんだけど…」といったニュアンスの伝え方をすることがあります。でも、それは大概相手にバレている。だから、自分はこうしたいとハッキリ伝えたほうが、相手も自分も本当は気持ちがいいはずです。「感謝セール!」といって売れ残った在庫を安く売られるよりも「在庫一掃セール!」のほうがいい。格好わるい表現になったとしても、「在庫を一掃したい」とそのまま言ってくれたほうが気持ちが伝わります。

 

先日買った本には、商品POPには気持ちを素直に書けばいいとありました。「癒されたいなら、この本!」と決めつけた表現よりも、「私はこの本を読んで癒されました!」のほうが確かにスッと入ってきます。相手を思いやる気持ちや、相手の立場になって伝えることはとても大切なことですが、そこには少なからず自分の都合も入っている。だから、あまり「あなたのために…」が強すぎる伝え方をすると、かえって自分の都合が目立ってしまうような気がします。

 

 

あなたは、「相手のために…」といったニュアンスで伝えることはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

スーパーで買えるけどコンビニ?

 

f:id:kazuhotel:20170228002220j:plain

 

 買い物をするとき、私はほとんどの場合目的があってお店に行きます。目的のモノの品揃えが多くて、安く買えるお店に行く。もちろんそこで余計なモノまで買ってしまったりもしますが、目的が決まっているので、専門店やスーパー、ディスカウントショップに行くことが多いんです。そこで疑問に思ったことが1つ…。すぐ隣にスーパーがあるのに、どうしてコンビニに行くのか?最寄りの駅の改札から出てきた人を見ていると、スーパーよりもコンビニに入っていく人のほうが多い。そのときたまたまそうだっただけかもしれませんが…。

 

お弁当も飲み物も、雑誌も日用品も、コンビニよりも品揃えが豊富で安いスーパー。それなのに、コンビニを選ぶ理由…。もちろん、レジで並びたくなかったり、広い売り場を歩き回りたくない等の理由もあります。でも、もしかしたら目的がないからコンビニを選ぶのではないかと思いました。夕食を買うつもりでも、お弁当が無ければ麺類でもいいし、おでんでもホットスナックでもいい。特にコレといった具体的なモノが欲しいわけではないのではないかと。もしくは、多過ぎる商品の中から選ぶのが面倒だからかも…。便利だから支持されているコンビニですが、もしかすると、目的が無くても行きやすいから支持されているのかもしれません。

 

 

あなたが、具体的に欲しいモノが無くても行くお店は、どんなお店ですか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain