デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

アンテナをもう1本?

 

f:id:kazuhotel:20170406063246j:plain

 

 いつも張っているアンテナ。私の場合は、「自分の興味があること」「家族の興味があること」「仕事に関わること」の3本です。だから、それ以外については見たり聞いたりしてもすぐに忘れてしまいますし、接触していたとしても気が付きません。それは結構もったいないんですよね。意識していれば得られたはずの情報を、いざ改めて集めようとしてもなかなか集まりません。だからと言ってなんでもかんでも意識して生活することは出来ませんが、普段にプラスしてあと1本アンテナを加えるだけで、得られる情報がグーンと増えます。

 

例えば、グルメ情報を載せるブログをはじめるとなったら、きっと次の日からグルメに関係しそうなものを注意深く観察するようになります。街を歩いているだけでも見え方は変わるはず。でも、ただ意識するだけでは難しいので、私の場合はこのブログをはじめたのが良いきっかけになりました。そのテーマについて書かなければいけないので、ネタになりそうなことをついチェックしてしまう…。ブログは一例ですが、いろんなアンテナを張っている人は、いろんな所にアウトプットする状況に身を置いていたりします。雑学が豊富な人は、大概それを人に披露するのが好きな人だったり。意識する対象を増やすには、アウトプット先を増やすのが手っ取り早いのかもしれません。

 

 

あなたは、どんなものを意識して見ていますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

  

1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

売れても売らない?

 

f:id:kazuhotel:20170402152549j:plain

 

 しょっちゅう履いている靴がボロボロになってしまったので、先日、靴屋さんに行きました。ちょうど自分の足のサイズだけ在庫が残っているお買い得品があったので、試しに履かせてもらおうと店員さんに声を掛けると、「この靴はお客様の足には向いていません。」と。デザインも気に入っていたので履くだけ履いてみると、自分の感覚ではサイズぴったり。「これください!」「いえ、お売りできません。この靴は、使用している生地の量が少ないので、(実際に触りながら)今当たっているココがすぐに痛くなってしまいます。」

 

こちらがどんなに買う気満々でも、その人に合っていなかったら売らない。その店員さんの接客を受けて、「この人は、きちんと相手のことを考えて仕事をしている。」と感心してしまいました。そのお店は、販売ノルマも厳しいお店。月末にお店に行ったので、きっと何がなんでも売りたいと思うのが普通です。もしかしたら、すでに達成していて余裕があっただけかもしれませんが、それでもその対応をした店員さんは素晴らしいなと感心してしまいました。「相手が気に入っているなら良い」。デザインの仕事をしていると、相手が心底気に入ってくれたら、正直それで良いと思ってしまうときもあります。でも、それで効果が見込めなかったり、目的を果たせないものだったら、きちんと伝えて却下してもらう。些細なことですが、ちょっと考えさせられた出来事でした。

 

 

あなたは、相手の人に向いていないと思っても、気に入っていたら良いと考えますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

ジュウハチキン?

 

f:id:kazuhotel:20170402152434j:plain

 

 皆さんは、どんな想像をしましたか?18歳未満は観てはいけない「18禁」、ゴールドの「18金」、「18日の金曜日」を想像した人もいるでしょうか。ちなみに友人は、クリスマスに食べるローストチキンのような形をした拳銃「銃はチキン」なんて想像をした人もいました。人によって想像するものは様々で面白いんですが、こんなふうにその人の経験や興味のある事柄によって答えが変わったり、質問の裏を読むクセやあえて普通の人が考えなさそうなことを答えることがあります。当たり前ですが、考えによって読み方や捉え方は変わるんですよね。

 

何かを伝えるときに考えなくてはいけないことの1つに、「伝える相手が何を考えているか?」があります。どんな生活をしているのか?普段、何に興味を持っているのか?性別は?性格は?。不特定多数に向けて発信する場合でも、どんな人が多いか?を考えて、それに合わせた伝え方を選びますよね。アニメのイラストを使った企業などのポスターも、ターゲットでない人から見れば「最近は何でもかんでもアニメ風のポスターになって…」と思っても、対象者から見れば興味を持ちやすいし分かりやすい。細かなことまで知ることは不可能ですが、相手の考えに少しでも寄せたら伝わりやすくなるかもしれません。

 

 

あなたは普段、相手に合わせて伝え方を変えていませんか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

希望が評判をつくる?

 

f:id:kazuhotel:20170402152319j:plain

 

 私が住んでいる街は再開発が進んでいて、次々に新しいものが出来ている状況です。でも、こんなお店ができる!と噂になったものは、何年経っても出来ていなかったりします。例えば、映画館や家電量販店、ゲームセンターなど。開発される前にはあったものもあるんですが、それらはどれも出来ません。それなのに、「出来るらしいよ♪」と度々噂になるんです。

 

こんなお店や施設が出来るかもしれないと噂になるものには、ある共通点があります。それは、欲しいもの。「映画館が出来たらいいなぁ」「家電量販店があったら便利」といった希望が、噂を作り上げていくのではないかと仮説を立ててみたら、結構つじつまが合うんですよね。確かにそれらが出来たら、わざわざ電車に乗って出掛けなくても、買い物や遊びは全て自分の街で完結できてしまいます。根も葉もない噂が立つのは、そうであって欲しいと思っているから。良い噂もわるい噂もありますが、自分たちに対して良い未来図を描いてもらえれば、きっと良い噂が広まるんでしょうね。逆だと…。

 

 

あなたが最近聞いた噂は、そうであって欲しいと思うことですか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした↓


f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

見て習うから「見習い」?

 

f:id:kazuhotel:20170402152108j:plain

 

 最近は「見習い」という言葉をあまり使わなくなったそうです。見て習うから「見習い」。昔は先輩や師匠を観察して、技を盗んだり、見よう見まねで練習したりして覚えていくものでしたが、手取り足取り丁寧に教えていくようになったことで、「見習い」ではなく「研修中」や「新人」などに…。自動車学校で使われている「教習」とうい言葉が、今の時代には一番しっくりくる表現なのかもしれません。「見習い」から「教習い」?

 

教えてもらって習うことが、決してわるいことだとは思いませんし、限られた時間の中で効率よく伝えるにはむしろ良い方法だと思います。でも、その方法で伝えないことが1つ。それは、試行錯誤することです。「同じようにやってもうまくいかない。どうしてだろう?」「なぜ、あの手順でやってるんだ?」失敗して考えて、失敗して考えて…の過程が省略されてしまっているんです。はじめから教えてもらうと良い方法しか知らない。だから、その方法でうまくいかなかった時に困ってしまうんです。仕事でのトラブルなど従来のやり方で対応できない時に動じない人は、見習いをしてきたた人が多い印象があります。新しい人にはすぐに仕事ができるようになってもらわないと困ると考えるのはよく分かりますが、時間がかかっても見習いには見習いの良さがあるんでしょうね。

 

 

あなたは、「見習い」でどんなことが得られると思いますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした↓


f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

昨日までは暴走族?

 

f:id:kazuhotel:20170330051955j:plain

 

 私はとても視力が悪く、メガネをかけても0.7程度です。運転免許の視力検査ギリギリ。そんななので、当然遠くのものはよく見えません。ここ数日、仕事から帰宅する途中の脇道の奥に、人がたまって賑やかにしているのをよく見かけました。夜は街灯も無いのでシルエットがぼんやりと見えるだけ。それは、明らかに暴走族が溜まっているようでした。その道をを避けて遠回りをして帰っていたんですが、つい先日、遠回りをしていた方が工事中で、やむを得ずその暴走族がいる道に…。すると、そこにいたのは若めのママさん集団。改造バイクに見えていたのも、今どきの背もたれが長い子供乗せ自転車でした。繁華街ではないので、どちらにしても夜遅くに騒いでいるのはいただけないんですけどね。

 

遠くから見ていたら誤解してしまうかもしれない…。些細な話ですが、よく見えない状況と少ない情報で何かを判断すると、まるで違うことだと決めつけてしまう危険があるなとあらためて思いました。「直接会ってみたら、いい人だった!」「実際に見に行ったら、ネットの情報とはまるで印象がちがった!」など、遠くからの判断があてにならなかった経験はきっと誰しもあるはず。近くで見れば何でも分かるわけではありませんが、もし近くで見ることができるのに遠くで見ているのであれば、試しに近づいてみてはいかがでしょう。それまでとは必ず違いがあるはずです。

 

 

あなたは、「近くで見たら○○だった」という経験がありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした ↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

ここはB駅ではありません?

 

f:id:kazuhotel:20170330051851j:plain

 

 よく利用している電車の路線に、ホームが似ている2つの駅があります。降り間違いが多いのでしょうか、ホームには手作りの大きな注意書きが…。A駅には「ここはB駅ではありません」、B駅には「ここはA駅ではありません」。たまにボケーっとしながら乗っていたりすると、「B駅ではありません」の「B駅」の部分に反応して降りそうになったりします。ホームには駅名が看板や柱に書いてあるんですけどね。

 

マンガのような場合なら、「数量限定ではない」と「在庫がたくさんある」の2つの伝え方があります。普通に考えると、「在庫がたくさんある」の方が判断しやすいような気がしますが、「数量限定ではない」の方が使われている印象が…。これって伝える側がそう思われたら困るようなときに使っているのではないかと。「こんなに安いってことは数量限定じゃないの?」そう思われたくない。「ここってB駅?」そう思われたくない。だから、「そうではありません」を使う。でも実際のところ、どちらの方が判断がしやすいのでしょう?よく使われているってことは、やっぱり分かりやすいからなんですかね。

 

 

あなたは、「私、別に変じゃないよ」と言っている人がいたら、どう思いますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

1年前はこんな記事でした ↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain