デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

均一表現の伝わり方?

 

f:id:kazuhotel:20170413050957j:plain

 

 このブログで漫画を入れようと思ったときに悩んだことがあります。それは、手描きか?パソコンで描くか?。タブレットに直接描けば早いし、色を付けるのも簡単。でも特に理由もなく手描きを選びました。私はアナログ派で、何でもはじめは手でやらないと気持ちがわるいというのもありますが、そんなに時間をかけてやるつもりもなかったので、今思えば本当はパソコンでやりたいところです。でも、それで良かったかもしれないとも思っています。

 

今回の漫画を試しにパソコンで描いてみました。率直な私の感想は、「キレイで見やすくなった」と「今までの何かが無くなった」です。それは線の太さが均一だからなのか、乱れが無いからなのか分かりません。でも、基本的にはいつもと同じスタンスで描いています。これまでに何度か手描きの魅力についてブログの中で触れてきましたが、「手描きと同じように表現した場合でも伝わらないものがある」という今までとは少し違う点で気になってしまいました。無くなったものは、もしかすると無くてもいいものかもしれません。見慣れているのもありますが、もの足りなさを感じるのは、きっと大事なものがそこにあるからだと思っています。何でしょうね。

 

 

もし時間があったら、今回の漫画と他の回の漫画を見比べて気づいたことを、ぜひ教えてください!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

アイデアは素材から?

 

f:id:kazuhotel:20170413050841j:plain

 

 この間、久しぶりにアイデアが溢れて止まらない状態になりました。たま~にそんなことがあるんですが、唯一寝る時間を惜しんでしまぐらい興奮する時間でした。私はデザインの仕事をしてるんですが、同じことをずっとやっていると考えが凝り固まってしまうタイプです。だから、滞ったら離れて、またやって離れてを繰り返して、できるだけ頭の回転が止まらないようにしています。今現在は、いろんな仕事を広くやっているので、そこまで偏ることはありませんが、同じことをしていた時期はアイデアを枯渇させないでいることがとても難しかったのを覚えています。

 

そんな私が試してきて一番自分に合っていた「アイデアを沸かせる方法」は、知らない素材に触れること。つい先日トランス状態に入ったときは、その日に左官の職人さんが紹介していた版築という手法をはじめて知ったのが原因です。「あっその作り方なら!」「その利点をアレに活かせば♪」新しいアイデアの素材が入ってきたことで、自分の持っている素材とどんどん結びついていく感じ。それは、目の前の課題に直接結びつくものでなくてもよくて、新しい素材が増えた分、アイデアを考える引き出しが増えていくんです。すぐに活かせるようなネタを探すことはなかなかできませんが、アイデアに困ったら、知らない素材に触れてみるのがオススメです!

 

 

あなたは、何かのきっかけで想像が膨らんだことはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

翻訳されても大事なところは同じ?

 

f:id:kazuhotel:20170410002025j:plain

 

「一番大切なところは、どんな形になっても残る。」最近聞いて私の中でしっくりきた言葉です。例えば、ノーベル文学賞。もしその人の伝え方のままでないと伝わらないのだとしたら、その言語が分かる人にしか伝わらないことになってしまいます。どの国の作家が書いたもので、それが翻訳されて伝わっても素晴らしさが世界共通で分かる。でなければ、成立しない賞。だから、結局一番大事なところは、形を変えても伝わるという話です。

 

私はデザインの仕事をしていますが、駆け出しの頃、アートディレクターという仕事がよく理解できませんでした。自分で考えて自分で形にするまでやるもので、そうでなければきちんと伝わらないと思っていたからです。最終的な仕上げを他の人に任せて、本当に伝わるのか?でも、ここ数年で考え方が少し変わって、もし他の人を介して伝わらないとしたら、それはそもそも伝わらないものではないか?と考えるようになりました。例えば、美味しいお店は口コミで広がったりしますが、はじめはいろんな魅力が盛りだくさんの話でも、広がっていけばいくほど一番の魅力だけに集約されていきます。内容にもよることで、デザインを仕事にしている私が言うのもおかしな話ですが、もしかしたら他人を介しても伝わるかどうかが、アイデアを磨く一番良い方法なのかもしれません。

 

 

あなたが人から聞いた話は、大事なところだけにまとまったシンプルな話だったりしませんか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

サポートする人のサポート?

 

f:id:kazuhotel:20170410001823j:plain

 

 久しぶりに自分の部屋の掃除をしようと掃除機を取り出したら、掃除機の汚れが気になりました。吸い取るブラシに毛やホコリがいっぱい…「掃除用具を掃除するものって意外と無いなぁ」。その目でいろんな掃除用具を見てみたら、ほうき、ちりとり、モップ、どれも汚いままの状態でした。コロコロやクイックルワイパーなど、掃除したら汚れた部分を捨てるタイプが浸透したのは、掃除用具の掃除が必要ないからかもしれません。掃除用具の掃除はしない?

 

前職で、私は自分の仕事以外に、他の人の仕事のサポートすることがありました。ただその時は、その私をサポートする人はいませんでした。周りをよく手伝っていた当時の同僚も、私なんかよりはるかに他人を気遣うことができる人でしたが、彼を手伝う人はなぜかいない…。結局、その彼は退職してしまいました。何が言いたいかというと、何かをサポートする人にだってサポートは必要だということ。たまに一緒に仕事をする優秀な2つ上の先輩も、他の人や会社全体を影でフォローしまくっていますが、彼をフォローする人がいません。たまに会うと勝手に心配になってしまいますが、自分がされていることは相手にも必要なことだったりすると思うんですよね。

 

 

あなたは、自分がやってもらったことを誰かにやっていますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

友達なら何も思わないのに…?

 

f:id:kazuhotel:20170410001612j:plain

 

 知っている人がやっていても何も思わないのに、知らない人がやっていると気になって仕方がない。そんなことはありませんか?ちょとした仕草や癖や言動など。仮に友達がやっていて気になることがあっても、「こいつはそういうヤツだからなぁ」で飲み込める。でもなぜか、知らない人がやっていると腹が立ったりします。これって、意識しなければ流れていくようなことですが、知らない人を相手にコミニュケーションをとる仕事をしていると、気になって仕方がありません。微妙なところで伝わり方が180度変わることもあるからです。

 

例えば、SNS。内輪ではただ面白いで終わるような話も、知らない人から見れば違和感があったりします。知らない人が見ることを意識していれば、炎上したりすることはないはず。でも、そうして発信していないケースも多いですよね。個人の話に限らず、会社でもその印象があって、知らない人を意識して書いていないお店のブログ記事などもよくあります。「第2弾が出ました!」そのお店をよく利用しているお客さんはすぐに分かっても、初めて読んだ人にはサッパリ…「そもそも第1弾を知らないし…」。知っている人も知らない人も見る場合の伝え方はとても難しいものですが、そこの事情や性格を知っている前提での話は、うまく伝わらないのかもしれません。

 

 

あなたは、自分のことをよく知っている人と、何も知らない人に同じ伝え方をしますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

  

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

受け取りやすいプレゼント?

 

f:id:kazuhotel:20170409225645j:plain

 

 妻が勤めているお店の店長さんと私は、お互い顔を知っている程度です。たまに妻を迎えに行ったり、仕事で差し入れを買い行ったりもするので覚えています。妻から話を聞くと、店長さんは相当なハードワークでストレスが溜まっているようで、妻が体調を崩してしまったときなどもそのフォローをしてもらっていました。そこで、個人的に何かお礼をしようと思ったんですが、顔は知っているとはいえ、同僚の旦那からいきなり何かもらっても困るし気持ちがわるい…。

 

…で、結局あげたのは、クレヨンしんちゃんのキャラクター「ぶりぶりざえもん」のでっかいマグネットです。100円均一のシール紙に印刷してシート状のマグネットに貼って切り抜いただけのもの。大好きなキャラクラーらしいのですが、2~3千円するグッズを買っても受け取りづらいはず。そこで、ロッカーに伝言などを貼ったりしていると聞いて、大きなマグネットにしたわけです。200円で遊び半分に作ったプレゼントなら、気軽に受け取れる。それが結果的に良かったのかどうかは分かりません。でも、人に何かをあげるとき、良いものであればあるほどいいわけでもないと思っています。受け取りやすいプレゼント。難しいところですが、気持ちよく受け取れることは、良いものをもらう以上に大切なような気がします。

 

 

あなたが、顔見知り程度の人に何かをプレゼントするとしたら、どんなものをあげますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

  

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

気がついたら2年?

 

f:id:kazuhotel:20170406063420j:plain

 

 何かを長く続けている人は、どれくらいやったかなんてあまり考えていない…そんな印象があります。お笑い番組などを観ていると、「結成して何年になるんですか?」「俺たちコンビ組んで何年経ったっけ?」といったやりとりがありますが、夢中になって走り続けていたら、きっとそんなことを考える暇なんてないんでしょうね。大きな節目で振り返るようなことはあっても、何日、何ヶ月といったところで振り返っていると、その後がなかなか続かないような印象もあります。ダイエットなどがいい例かもしれません。

 

カウントして積み上げていくのもいいんですが、とりあえず数字を気にしないで前に進んでいった方が、精神的にも良さそう。「あと○日!」と考えながらやると、しんどかった経験もあります。時間は限られたもので、何も気にせずに前だけ向いているのも大変なことかもしれませんが、節目を意識しすぎていると何より楽しめないような気もします。…と言いながら、2年の節目でこんな記事を書いている時点で、意識してやっていることになってしまうんですけどね。

 

 

あなたは、どのくらいやったか気にしていますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

  

1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain