読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

エックス工務店?

 

f:id:kazuhotel:20170507231224j:plain

 

 エックス工務店ではありませんが、最近よく通る道に、カタカナの『エ』と漢字の『工』が全く同じ形でデザインされた看板があります。でも、はじめて見たときから、すぐに違う文字として認識できました。それ以来、看板の前を通るたびに、「どうして迷わずに読めるのか?」と考えてしまいます。文字の前後関係から推測しているのか?店構えを見て判断しているのか?きっと理由はいろいろあると思いますが、人が何かを見たときは多かれ少なかれ意味を汲み取ろうとするのではないかと。

 

こちら側がどんなに強いメッセージを送っても、分かりやすく伝えても、相手に汲み取る意思が無かったら伝わりません。だから、何かが伝わるときは相手の力があって伝わる。相手に頼りすぎた表現になると伝わりにくくなるのは確かですが、相手の汲み取ろうとする気持ちが強ければ、それでも伝わります。極端な話ですが、相手が何とかして汲み取りたいと思えるような表現だったら、それは伝わる表現かもしれません。普段から、伝えることについて様々な考え方や方法論をみたりしていますが、それらのどれにも当てはまらない事例にたまに出会ったりするんですよね。やっぱり伝えるって難しい…。

 

 

あなたは、相手の言いたいことを汲み取って、やっと意味が分かったことはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

よく見ているのは後ろ側?

 

f:id:kazuhotel:20170507231130j:plain

 

 車が好きな人は、車の後ろ姿を見ただけで車種が分かったりします。単純に後ろ側のデザインが好きという人もいますが、運転中に前の車の後ろを見る機会が多いから。駐車場も前向き駐車指定が意外とあるので、車に乗らない人でも後ろ側をよく見ていたりするんですよね。マンガのように、椅子なんかはテーブルに収まっている後ろ姿を見ることの方が圧倒的に多かったりします。

 

「どうやって見られることが多いのか?」。普段の自分の行動と照らし合わせてみると、自分が思っていた見る視点とは異なっていることがあります。例えばお皿なら、料理が盛り付けられた状態で斜めから見ている。だから、お店で正面を向けてお皿立てに飾られたお皿を見ても、普段見ている姿とはちがう。それを見て、「あっカワイイ♪」とは思っても、利用シーンまでは想像できな買ったりします。何でもないようなことですが、どうやって見られているか?を考えるだけで、今まで自分がやってきたことが大きく変わることも。このブログは、身近なところにヒントがあるはず!というテーマで書いていますが、意外と身近なところに見落としているポイントがあったりするんですよね。

 

 

あなたの家の中にあるモノは、購入した時もお店でも同じように見てましたか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

  

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

たまにはひと休み?

 

f:id:kazuhotel:20170507230945g:plain

 

 今回でこのブログは800回目。慣れてきたとはいえ、内容の薄い記事でも毎日書くのは結構大変で、今回は息抜きの回にすることにしました。いろんな息抜きがあると思いますが、何もしないとなまってしまうので、普段とは少しだけ違うことをやってみるのがオススメです!

 

 

あなたは、どんな息抜きをしていますか?

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

5分でデザインはいい加減?

 

f:id:kazuhotel:20170507230843j:plain

 

「実はこの曲、5分で考えたんですよ」。その曲の評判が良かったら、「そんな短時間でスゴいですね♪」となります。でも、その曲が鳴かず飛ばずだったら、「たったの5分で、いい曲が書けるはずないだろ!」となる。だから、5分という時間が、良い曲を作るための時間として短いかどうかは結果次第。結果が出れば、制作に費やした時間は関係ないんです。それに作ったのが5分だとしても、制作に入るまでに素となる材料を集めてきている過程があるはずですからね。

 

単に時間をかければいいという考え方は、時に良い結果を生まない場合もあります。限られた時間でカタチにすることで、熟考すると無くなってしまう勢いや鋭さが残ることも。閃いてからカタチにするまでの時間が短いほど、はじめに頭の中に思い描いたイメージに近かったりもします。個人的に時間をかけてよいと思うのは、細部へのこだわりや仕上げの作業。私の場合、アイデアを出すときは、あえて時間を30分・1時間と制限していたりします。もちろん人によって適したやり方がありますし、費やした時間に比例して良くなっていくものもありますが、『時間をかけること=良くなる』に固執しすぎると、気づかないところで魅力を消してしまっているかもしれません。

 

 

あなた、5分でデザインしたモノより、1日かけたデザインの方が良いと思いますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。 

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

本当に世界はつながってる?

 

f:id:kazuhotel:20170507071102j:plain

 

 自分で使うために作ったLINEスタンプがあるんですが、その中の言葉を入れていないシリーズは、微々たる件数ですがアジアやヨーロッパの何カ国かで買ってもらえたようです。ただそれは、購入した人が住んでいる地域を知らせてくれる機能があって、はじめて分かったこと。使用されている回数なども分かるので、ある期間フランスでたくさん使ってもらっていたのを知って、なんだか嬉しくなったのを覚えています。「本当に海外の人も見ているんだなぁ…」。

 

ホームページやSNSが海外からも見られていると知っていても、いまいちピンとこなかったりします。「日本語で書いてあるんだから、見るのは日本人だけでしょ」。でも、海外から英語で問い合わせが入った途端、海外で見られているのがリアルになります。自分のやったことがどんな影響を与えているか?どんな人が見ているか?情報として分かっているだけだと、それはまだリアルじゃないような気がします。本当に繋がっていることを実感する・実感してもらうことが、これからより大事になってくるのではないかと。どんなことだって相手の反応が分かったら、きっと嬉しいはずです。

 

 

あなたは、自分のやったことを喜んでくれているのが分かったら嬉しくないですか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。 

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

やってもいいけど出来ない?

 

f:id:kazuhotel:20170507070923j:plain

 

 はじめて入った飲食店。喫煙OKで、どのテーブルにも灰皿が置いてある。でも、誰も吸っていなかったら?赤ん坊を連れているお母さんがいたら?すぐ隣でご飯を食べていたら?…きっと吸いません。ボール遊びが禁止されていない公園だって、キャッチボールをしたくても、子供がたくさんいたらきっとできない。車道を走ってよいはずの自転車だって、クルマから煙たがられるのが嫌で、歩道を走っている人もきっといるはずです。

 

『やってもいい』とされていても、なかなかできないことって結構ありますよね。「やってもいいんだから、周囲を気にしないでやればいいのに」と言われても難しいもの。そう考えると、『やってもいいけどできない』は、『やってはいけない』とほぼ同じように思えてきます。普通はやらないでしょ、その歳でやらないでしょ、空気読むでしょ…。そんな見えないプレッシャーがあるのは確か。気にせずにやっている人もいますが、誰もが気持ちよくできることにだけに『できる!』『OK!』と言ってみると、利用者が増えるのかもしれませんね。

 

 

あなたは、やってもいいけどできなかった経験はありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。 

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

相手の仕事も知っている?

 

f:id:kazuhotel:20170505070415j:plain

 

 良い関係で仕事をしている人は、お互いに相手の仕事をよく知っている印象があります。私はデザインの仕事をしていますが、デザイナーとして制作をするときと、ディレクターとして他の人にお願いをする2パターンがあります。自分が良い関係で仕事ができているなんて断言はできませんが、普段からどちらも経験していることで、どちら側になっても相手の都合や段取り、考えや言いたいことを理解しやすいのは確かです。

 

実行する人の仕事を知らなければ指示は出せないし、指示する人の仕事を知らなければ、きちんとその指示を理解することができません。もちろん、完璧な指示で人を動かすことができたり、どんな指示のされ方でも完璧にこなす人もいます。でもそれはごく一部の人の話で、大概はやりとりの中に曖昧な部分が必ずある。その曖昧な部分を埋めるために、相手の仕事を知っていることが大事になってくるような気がします。数多くある仕事を全て熟知することは不可能ですが、よくやりとりをする相手の仕事ぐらいは知っていても損はないかもしれません。

 

 

あなた、相手の仕事を経験したことはありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。 

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain