デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

NGワードから考える?

 

f:id:kazuhotel:20170803102957j:plain

 

 何にでも使用を避けるネガティブな言葉があります。会社だったら、倒産・潰れる・赤字…。家具だったら、壊れる・有害塗料・日本製ではない…。人なら、裏切る・八方美人・礼儀知らず…など。でも、これらのNGワードをあえて使うという発想もアリ。例えば、会社のスローガンを考えるとなると、大抵は「栄光ある未来に向かって!」と言ったポジティブな言葉を使いますが、「絶対に倒産させない!」のようにNGワードを使ってもおかしくない表現にすることができます。抽象的なものが具体的になることも。

 

ネガティブな言葉が思い浮かぶと、私たちはそれを隠そうとしますが、かえって不自然に感じることもあります。「土鍋でお米を炊くと美味しい」と言われればその通りだと思いますが、「手間」や「面倒」を連想させないようにしているという見方もできる。それなら、あえて「面倒」という言葉を使って「面倒だけど、土鍋で炊くと美味しい!」にしてもいいかもしれません。自分が自然と思い浮かんだ言葉は、見る人も自然と思い浮かぶかもしれない言葉。だから、それがネガティブな言葉だったとしても、あえて使った方がスッと入る表現になることもあるような気がします。

 

あなたは、ネガティブな言葉を避けていますか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

読んで欲しいなら顔のとなり?

 

f:id:kazuhotel:20170803102801j:plain

 

 人が一番関心があるのは『人』。私のように他人にあまり興味のないタイプの人でも、少なからず関心を持ってしまいます。だから広告には有名人に限らず人を入れることが多く、知らず知らずのうちに私たちはその広告を見せられているんですよね。でも広告主は、別に広告に載せた人を見てほしいわけではなく、商品のPRをしたいわけです。ただ、キャッチコピーや商品名を読んでもらうのはとても難しい。そこでどの広告も、見てもらいやすい人の顔のすぐ近くにキャッチコピーを載せています。興味のない内容でも、顔の隣なら2番目に見てもらえるかもしれないから。

 

このデザインなら最初にここを見るはず!とどんなに自信があっても、実際はそうなるとは限りません。大きな文字にしたり、目立つ表現にすれば見てもらえるというのは、こちらの勝手なイメージです。文字だけで読んでもらえる秀逸なデザインも確かにありますが、基本的には相手が興味を持っていない限り、読んでもらうのは難しい。一流のデザイン会社が手掛けた広告がズラリと並ぶ電車の車内を見渡せば、それが難しいことだとひと目で分かります。自分が伝えたいことを見てもらうために、見てもらいやすいモノを活用する。自分の伝え方でなかなか伝わらないときは、他の何かの力を借りるという方法もあるかもしれません。

 

あなたは、履歴書を見かけたらはじめに顔写真を見てしまいませんか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

まさかの広告起用?

 

f:id:kazuhotel:20170730213046j:plain

 

 このブログでは、はじめた当初から4コマ漫画を掲載していますが、あえて特徴のないキャラクターを適当に考えました。キャラクター性が強いと、中身よりもキャラクターが勝ってしまったりするからです。ただ、そんな何でもない漫画の登場人物を、先日ある企業の広告に起用していただきました。自ら発信することはありましたが、声を掛けていただいたのはコラムの寄稿以来です。なんだかんだこの漫画に愛着は湧いているので、素直に嬉しかったです。

 

ちなみに今回の起用理由は、「特徴が無いから」。キャッチコピーを一番に伝えるため、強い写真や個性的なキャラクターは逆に求められていなかったんです。〇〇についての広告だと伝える役目が果たせればいい。だから、通常の有名キャラクター起用のように、そのキャラクターの特徴やアニメの魅力で注目されるようなものではありません。偏ったイメージを与えにくく主張しすぎないビジュアルが功を奏したんです。私自身も際立った個性や、特技がありませんが、必要としてくれる人がいてくれて仕事ができていたりします。なんでもないから必要とされることもきっとある。そう思って何とかデザインの仕事を続けています。

 

あなたは、何でもない普通を求めたことはありますか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

失敗できないから集中する?

 

f:id:kazuhotel:20170730212945j:plain

 

 長年お店を続けているであろうクリーニング屋さん。そのお店の前には、手書きの料金表が大きく貼ってありました。模造紙に書かれた文字は、正直読みやすいとは言い難いものでしたが、丁寧に書いたものだとひと目で分かる趣のある雰囲気。その料金表からは、「きっと仕事も丁寧なんだろうな~」と、料金情報以外も伝わってきます。そのお店の前を通るたびに、当たり前なのに忘れてしまいがちな大事なことを教えられているように思います。目的だけ果たせばよいわけではない…。

 

写真だったら、デジカメやスマホで撮影したものよりも、フィルムカメラで撮影したものの方が、やっぱりチカラが強い。撮影するときの緊張感や1枚にかける想いの入れ方が、作品に表れてしまうような気がします。例えば小さなことですが、私は仕事でメモをするときは裏紙(印刷ミスや不要な書類の裏をメモとして有効活用する)を使いません。新品のコピー用紙を使います。会社員のときは「贅沢だ」と言われましたが、やっぱり書くときの気持ちの入り方がちがって…。裏紙だと「どうせ捨てる紙だから」が、どこかに入ってしまうと思っています。きっと、クリーニング屋さんのメニューも、模造紙に手書きしたものだからチカラがあるのかもしれませんね。

 

あなたは、失敗できないときは集中していたりしませんか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

うちのアートはカレンダー?

 

f:id:kazuhotel:20170730212825j:plain

 

 私が一番身近に触れてきたアート。それは、実家の壁に掛かっていたどこかで貰ってきたカレンダーに印刷されていた絵画です。お金持ちの家やアート作品が好きな人は別として、部屋に絵画やアート写真を飾るような習慣が無い人にとって、カレンダーはとても身近にアートに触れられるものだったと思います。

 

例えば、「アートを部屋に飾ってもらうにはどうしたらいいか?」を考える。そのとき、私たちは「安く購入できるものがあれば…」「気軽にアートを楽しめる工夫として…」といったことを考えてしまいます。でも、そもそもアートに触れる習慣の無い人にとっては、それらは無縁の代物。どんな所で売っているのかも知らないのに、安くしたから買ってもらえるというのは、よく考えたらおかしなことです。でも、何となく良いアイデアのような錯覚をしてしまいます。本当に興味の無い人にアプローチしたいのだとしたら、「美術館のホームページでチケットの割引クーポンを発行できます!」よりも、新聞屋さんに配って貰った方が美術館に足を運ぶ可能性が高かったりする。少なくても私が初めて美術館に行ったきっかけは、新聞屋さんから貰ったチケットでした。

 

あなた部屋には、どんなアート作品が飾ってありますか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

情報源は病院と銭湯?

 

f:id:kazuhotel:20170730212717j:plain

 

 自分の興味のない分野に触れるのは、とてもよい刺激になります。ただ、女性のファッションについて知りたいと思っても、女性専門のアパレルショップに行くわけにもいきません。そこで雑誌などを読もうとするわけですが、本屋さんで女性誌を立ち読みするのも気が引けるし、美容院に置いてあっても周囲の目が気になる…。そんな人にオススメなのは、スーパー銭湯や個人医院です。本屋さんで読むのと違って、暇つぶしで仕方なく読んでる感が出せるんですよね。まんが喫茶や図書館でもいいかもしれません。

 

皆さんは、関わるのを気恥ずかしく感じてしまうことはありませんか?ボランティア活動や何かのセミナー、知らない人同士が集まるイベントなど、関わりたいと思ってもなかなか行動に移せません。でも、別の方法でなら比較的参加しやすかったりします。例えば男の私が、女性誌を買いたいとしたら、本屋さんで買うのは恥ずかしくても、ネットでなら買えたり…。自分たちが発信することに関わってもらえないのは、求められていないのではなくて、参加しづらいだけだったりします。直接的な方法だけではなく、別の方法で関わることができるようにするだけで、大きく変わることもあるような気がします。

 

あなたは、みんなとは異なる方法で何かに参加したことはありますか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓ 

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain

 

嫌な気分を和ませる?

 

f:id:kazuhotel:20170730212533j:plain

 

『マイナスをプラスにするのは難しいけど、マイナスを小さくすることはできる。』人が不快に感じることや、デメリット、それらをプラスに変えるような革新的な発想もきっとありますが、なかなか難しい。でも、マイナス面を小さくすることは意外とできるものです。

 

例えば、工事現場。毎日大きな音が鳴り響いて、工事車両が行ったり来たり…。自分の家の隣で工事が始まって大歓迎なんて人はいません。でも、丁寧な挨拶をされたり、配慮が感じられたりするだけで、不快な気分も和らいだりします。海外では、工事現場の囲いにアートを施したりしますが、きっとそれも同じ。先日、いつも通る道で工事をしていました。炎天下の中、迂回しなければいけなかったので、少しストレス…。でも、そのときの削る音が、「ガガガッ、ガガガッ、ガガガガッガガ♪」と、どこかで聞いたことのあるメロディに乗せられていていました。作業員さんがふざけていたのか、たまたまそう聞こえただけかは分かりませんが、そんなちょっとしたことで気持ちが和んでしまいました。『これは嫌がれること』と諦めてしまうのは簡単ですが、少しの工夫で、『嫌がられるけど協力してもらえること』に変えるたりすることができるのかもしれませんね。

 

あなたは、どんなときに嫌な気分が和みましたか?

 

 

 

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。ちなみに、1年前はこんな記事でした↓  

 

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain