デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

ちがうタイプを混ぜてみる?

スタッフに刺激を与えて社内を活性化させようと、今までに無かった能力を持つ人や変わった経験のある人など、毛色のちがう人を採用することがあります。それまでいないタイプの人はとても刺激的で、個人的にはそのままでいてほしいと思うんですが、どう言う…

どれが一番か決められない?

「一番伝えたいことは何?」。幾度となくツッコまれてきた言葉で、消化できるようになるまで私の場合はとても苦労しました。「どれも伝えたいから、一番なんて決められない…」。そのときの私の頭の中は、3つ伝えたいことがあったら 100・0・0 にしなければ…

書いたら量を半分にする?

このブログの記事は、だいたい1000~1200文字ぐらいザーッと書いてから、半分ぐらいの文字数になるように、まとめたり不要なところをカットしたりしています。はじめから予定の文字数に収める書き方をすると、文章力が低い私はどうしても内容が薄くなってし…

演出にこだわった結果...?

この前のブログで『演出が足りない?』という記事を描いた数日後、実際に演出を意識したプレゼンテーションを行いました。打ち合わせ場所の環境もあってマンガほどはできませんでしたが、提案の中に出てくるTシャツを実際に作って着たり、模型を作ったり、壁…

微妙なズレは気になる?

つい先日、イベント会場で絵を飾る作業をしました。ある本に掲載されたイラストの原画という貴重な物にも関わらず、作業にかけられる時間は約10分…。会場の環境も整っておらず、他のスタッフの手を借りることもできない中で、どう美しく飾るかを考えた結果、…

文句を言う前に自主プレ?

実務経験が無い状態ではじめて勤めた会社。デザイナーとして採用してもらいましたが、デザインの仕事をやらせてもらうまでに半年ぐらいかかりました。でも、ごくごく当たり前の話。採用時の面接や作品集を見せられた程度では本人の力量が分からないので、上…

素晴らしいテクニック?

専門的に携わっていると、本質を見落としてやすくなってしまう印象があります。「これには〇〇のテクニックが使われていて素晴らしい」と、技術面にばかり着目してしまう。例えば、エンターテイナー。そのショーに難しい技術が使われていたとしても、披露し…

500円でも高い本?5,000円でも安い本?

滅多に料理をしないなら、たとえ割高でも必要な分だけ材料を買った方が良かったりしますよね。1個だと78円。3個入りが198円で1個当りの価格が66円だとしても、余らせて残りを無駄にしてしまったら、1個を198円で買ったのと同じようなものです。これは費…

ジャケ買いさせる後ろめたさ?

「ジャケ買い」。私はときどき中身を確認することなくパッと見た印象で商品を購入してしまいます。本だったら装丁、商品だったらパッケージ、CDだったらジャケット…。手に取ったときのイメージとピッタリのときもあれば、全然違うこともあって、基本的にはど…

「具体的に言ってください」はNG?

「具体的に指示してください」。私の中では、ディレクターやデザイナーが絶対に口にしてはいけないNGワードの1つです。だいぶ前に喫茶店で、電話のこんな話が聞こえてきました。「この文字の色は何色にすればいいですか?隙間は何センチ空けましょうか?………

コンペの目的は賞じゃない?

自分のデザインがどれだけ通用するか?の腕試しに、公募のコンペに参加することを勧められ、20歳頃から不定期ですが参加するようにしています。当初は「絶対、賞を獲ってやる!」と、勝ち負けしか考えていませんでしたが、勧めてくれた意味が社会に出てから…

主人公は人気投票1位にならない?

最近はほとんど読まなくなってしまいましたが、子供の頃に読んでいたマンガ雑誌でよく登場人物の人気投票をやっていました。そのたびに気になっていたのは、必ずと言っていいほど主人公が1位にならないこと。人気マンガになるほど、主人公の順位は下がって…

絶対にフォローしてくれる人がいる?

お笑い芸人ブラックマヨネーズの吉田さんが自分たちのスタイルについて語っていた中で、他のコンビと違うとしたらココではないか?という印象的な話がありました。それは、一切躊躇なく自分がボケられる点。プロのお笑い芸人は計算してボケることほとんどで…

大人にはできない子供の質問?

あるイベントでの直接本人に質問できるコーナー。「どんな質問コーナーだったら観てみたい?」と聞かれて、「子供が質問するコーナーだったらおもしろそう♪」だと答えました。自分が普段どんなときに興味を持って観てしまうかを思い返すと、ワイドショーなど…

相手がやりやすい方法で?

知り合いがお店を出したので、開店祝いに花を贈ろう。派手にお祝いしたいなぁ。胡蝶蘭は値段が高いと悩んでいたけど、調べたところ、パチンコ屋の新装開店や「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングで見かける大きな花輪は1~2万円らしい。安いし、…

全部並べて比較する?

先日、ある撮影があり、私はコーディネートを担当させていただきました。持っていった雑貨や小物はダンボール5箱分ほど。カメラマンたちが撮影準備をしている間、私は持ってきた雑貨を全て開けて床に並べました。1つずつきちんと梱包されていたので、また…

採用されると良かった点を、ボツになると悪かった点を探す?

何かをやった後の振り返り反省は、次につながる大事なこと。でも、どんなふうに振り返っているか傾向を見ていると、私に限らず他の人にもある特徴があります。それは、採用されると良かった点を探して、不採用になると悪かった点を探す傾向。採用されたとき…

調整は0.1mm単位?

文字を目立たせたいとき。見やすくしたいとき。美しく見せたいとき…。私に場合は、細かいところまでその文字に手を加えるようにしています。文字と文字の間隔を全体的に帰るのではなく、1箇所ずつ微妙に変えたり、線の太さを部分的に変えたり…。テキストと…

中に何かありそうだから気になる?

子供の頃、学校に設置してある百葉箱の中身が気になってしかたがなかったときがありました。「中で何かが住んでいるに違いない…」「隙間の感じが蜂の家にちょうど良さそう…」「真っ白だから、救命道具が入っているのかな?」「何かの組織の秘密装置が入って…

外見はあくまできっかけ?

オシャレな服を着て元気が出たり、明るい色の服を着て少し明るい気分になったり、洋服ひとつ変えるだけ内面も大きく変わることもあります。だから、外見を変えることには確かに意味がある。でも、カッコよくなりたいからといって、カッコいい服を着てもそう…

言わなくていいこと?

主張したいこと。きちんと伝えなければいけないこと。不利益になってしまうけど伝えた方がいいこと。それを言ったらガッカリさせてしまうこと…。その辺りの区別が苦手な人にたまに出会います。どれも事実。だけど、全て伝える必要はないと思っています。 例…

東京ドームなんて借りられない?

金額を知らないのに、ただただ高いと思って手をつけないことがあります。もちろんイメージ通り実際の金額も高くて、桁が1つ上がるくらい高いものもありますが、逆に思っているよりも安く手に入れられるものも結構あるんですよね。ちょっと調べてみるだけの…

その組み合わせで大丈夫?

1枚のスペースをいくつかの広告主で分けて使うような広告メディア。広告主は、自分が掲載するスペースの隣にどんな会社がくるか選べませんが、作る人は選べます。そんな複数掲載の広告をみると、「並びを調整してあげてもいいのに…」と思ってしまうこともあ…

300円で1週間楽しめる?

コーディネート撮影で使用する生花を買いに花屋さんに行くと、仕事帰り風の20代の女性が一輪の花を買っていました。自宅に飾るために購入したのだろうと考えはじめたら、300円で1週間も幸せな気分にさせてくれるものってなかなか無いなぁとあらためて花の魅…

アメリカの国旗は何回も更新?

アメリカ国旗の左上の星が増えているのは知っていましたが、27回も更新されているとは知りませんでした。ちなみに今日現在の星の数は50個だそうです。アメリカ国旗の場合は、州が増えるなど分かりやすい節目があるのでデザインを変えやすいのかもしれません…

先輩の立て方?

知り合いや商品を紹介するような内容のSNS投稿。ほとんどスルーしてしまうんですが、その中のいくつかは読み進めてしまったりします。ただただ褒めちぎっているだけのものは読まないけど、そこに投稿者の本音や想いが混ざっていると読む。「(本音の)私はこ…

演出が足りない?

提案内容は完璧で、プレゼンテーションもバッチリ。要望も全て満たしているのに、相手の反応はイマイチ…。そんな経験はありませんか?私はそれに似た経験をたくさんしてきました。そんな時にある人から言われてのは、「君のプレゼンはつまらない」…。何クソ…

相手のお金を使う仕事?

「お金を稼ぐ仕事ではなく、相手のお金を使う仕事。」そう考えるだけで、考え方や姿勢が大きく変わるかもしれません。これはどの仕事でも言えることですが、特に私はデザインという仕事柄、依頼主の会社のお金だけでなく、自社のお金を使うことが多かったの…

自分が選んでなきゃ説得力ゼロ?

ある仕事現場から駅に向かう途中に、壁面緑化システムを販売する会社がありました。表向きは普通のオフィスビル。たまたまそのビルの裏側を通ってみたら、ビルの裏側一面に自社の壁面緑化システムを使っていました。商品を宣伝するなら人通りの多い表側に設…

馴染みがないから魅力的?

ここ数年流行っている、少しラフな仕上げの雑貨や家具。お店で見ていたある老夫婦がこんなことを言っていました。「キズがあったりデコボコしてたり…。どうしてキレイに仕上げられていない物がウケてるのか不思議だねぇ。私が子供の頃は…」。それを聞いて、…