デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

告知のタイミング?

 

f:id:kazuhotel:20150731035419j:plain

 

 イベントやセールなどを事前に知らせる場合、どのくらい前に告知すればよいのでしょうか?あまり早く知らせてしまうと、記憶に残らなかったり、覚えても忘れてしまったりします。逆にギリギリになって知らせると、予定が埋まっていたり、「もっと早く知らせてくれれば…」と不満が出たりします。セールだったら、知らせてからセールまでの期間の販売が落ち込んでしまうかもしれません。

 

もちろん告知する内容にもよりますが、理想のタイミングは相手の興味度合いに比例するのでは?という意見を聞きました。興味があれば、だいぶ先の開催告知でもしっかり記憶に残る。興味がなければ、近い日程での開催告知でないと響かない、といった具合。身の回りの様々な告知をその目線で見てみると、ある程度つじつまが合うように感じます。『布団SALE!』だったら、常に興味があるものではないので、チラシが入るのは前日。自分の住んでいる町に初めてできる大型ショッピングセンターはみんな興味がありそうで話題性もあるので、入るテナントの開示は2ヶ月前。なんとなく分かる気もします。

 

相手がこちらに興味を持っているかどうかの判断は簡単ではありませんので、マーケティングや経験を重ねて告知時期の変更•改善を繰り返し、自分たちにとってベストな告知のタイミングをそれぞれ見つけているのでしょう。そのお店のイメージやお客さんのファン度合い、立地や告知方法などの異なる点が数多くある中で、同じ業種で同じような商品を販売しているからといって、他社の告知タイミングに合わせても同じ結果は得られません。自分のところだけで考えても去年うまくいったタイミングが、今年も良いとは限らないんですよね。告知タイミングを検討するだけでも、自分たちのことを客観的に事細かに知る必要が出てくるので、自己分析手段として告知のタイミングを考えてみるのも良いかもしれません。

 

 

あなたがよく利用するお店がセールをやるとしたら、どのくらい前に『告知』してほしいですか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain