読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

自分で気付くと気分がいい?

 

f:id:kazuhotel:20160618050445j:plain

 

 あるとき、部屋のソファの置き方について質問されました。ちょっと広めのリビングに3人掛けと1人掛けのソファ。圧迫感が出ないように置いて、できるだけ部屋を広く見せるのがセオリーですが、私は部屋の手前に1人掛けのソファをベランダに向けて置くレイアウトを提案しました。そこで出た質問。その部屋の魅力は眺望で、私が1人掛けソファを置いたその位置は、建物などが一切視界に入らずに空だけが見える場所を探した位置でした。…分かりづらい話になってしまいましたが、人から魅力を教えてもらうよりも、自分で魅力を見つけたほうが気分がいい(記憶に残る)からです。「景色がいいんですよ」よりも「景色がいいなぁ」。

 

人から何かを教わるときも、「いま君にこれを教えているのは、○○を分かってほしいからだよ!」と言われるよりも、「○○を理解させるために、これを教えているんだな…」と自分で気付けたほうが気持ちよくありませんか?もちろん、メッセージに気付いてもらえない場合のほうが多いので、伝わらないリスクもあります。だからといって、はじめからストレートに分かりやすく伝えることだけが、魅力やメッセージの伝え方ではありません。シンプルで分かりやすいコミニュケーションは、きっとたくさんの人に届きます。自分で気付いてもらうコミニュケーションは、たくさんの人には届きませんが、深く印象に残ります。どちらが良いわるいはありませんが、考えが自分ベースになってしまうと、その選択をあやまってしまうような気がします。

 

 

あなたは、自分で気付いたことで印象に残っていることはありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain