読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

大人が描く絵は気にしすぎ?

 

f:id:kazuhotel:20160904212720j:plain

 

 大人びた子供も多いので何とも言えませんが、幼稚園ぐらいの子供たちが描く絵には特徴があります。それは、自分が描きたいものだけを描いていること。そんなにたくさんの絵を見たことがあるわけではありませんが、頭のイメージの中にあるモノ以外は描かれていません。だから、ストレートに伝わってくるものがあります。それが大人になるにつれて、「上手に描こう」「正確に伝えよう」と一番伝えたいこと以外の要素がどんどん盛り込まれていって、結局何が言いたいのか分からない絵になってしまうことも。他の要素が一番伝えたいことを際立たせる場合も稀にありますが…。

 

言いたいことだけを具現化するのは、とても難しい。周囲の目を一切気にしないことは出来ないからです。どうしても気にして配慮してしまう。それは間違ったことではないのですが、メッセージを薄めてしまうんです。ただ、アート作家など、幼い子供と同じように配慮を外して具現化することができる人も世の中にはいます。ストレートなメッセージなので、理解しづらかったり、乱暴な表現と捉えられたり、賛否が生まれたりもしますが、伝わる人には強烈に伝わります。どちらが良いわるいなんてありませんが、カタチにして伝える仕事をしている人は、周囲の目を気にしない伝え方も身に付けておく必要があるかもしれません。

 

 

あなたは、周囲の目を気にせずに何かを表現したことはありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain