読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

欧米は引く?日本は押す?

 

f:id:kazuhotel:20161223082931j:plain

 

 この前はじめて押すときに力を入れて切るノコギリに出会いました。慣れていないせいか、とても扱いづらく感じました。日本は、引くと切れるノコギリ。欧米は、押すと切れるノコギリ。木を削る鉋も同じ。どうしてちがいがあるのかとても気になりました。

 

日本は、杉などの柔らかい木を切ることが多く、あまり力を入れずに切ることができる「引いて切るノコギリ」。逆に欧米は、堅い木を切ることが多いので、一番力が入れやすい押すときの力で切るそうです。他の説には、日本の「引いて切る刀」、欧米の「突いて刺す剣」が関係しているのではないかといったものもあります。う~ん…。中東の国々でも「引くノコギリ」が使われているそうなので、どの説もスッキリしません。なんとなくの想像で、日本は少ない力で大きな力を得る方法を考えているような…。欧米の人と比べたら、日本人は身体能力に恵まれていないところもありますし、昔から使われている道具を見てみると、引いて使うものが結構あります。たまたま気になっただけですが、どなたか知っている方がいたら教えてください!

 

 

あなたが、引いて使っている道具は何かありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain