読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

やっているのに「やっていない」?

 

f:id:kazuhotel:20170107180736j:plain

 

 仕事だから、怒られるのは仕方がないこと。私の周囲にはそう考えている人が多いです。だから、怒られること自体に不満はありません。でも、不満はある。特に多い意見は『言い方』です。「何でやってないの?」そんなよく使われていそうなひと言でも、何もやっていないわけではないのに、やっていないと言われるから腹が立つ。相手がそういうつもりで言っていないのはみんな分かっていますが、「役立たず」「能無し」と言われているような気がしてしまいます。だから、「何でやっていないの?」ではなく、「ここが足りていないよ!」と言われたほうが腑に落ちるわけです。

 

慌ただしく仕事をしている中で、いちいち言い方まで気にしていられないと考える人がいます。私もどちらかと言えばそうかもしれません。でも、関係がどうであれ一緒に仕事をしているチームメイトですから、気持ちよく仕事をしてもらったほうが両者にとっても会社にとってもいいですよね。社会では頭ごなしに怒られたり、理不尽なことで怒られたりもしますが、怒られている側は決して怒られること自体に否定的ではありません。ちゃんと見て正しく指摘してほしいだけ。あまい、ぬるいなどと世間から叱咤される世代にたまに話を聞いても、意外と筋の通った考えを持っていたりします。怒るということは、相手の成長を願っているわけですから、成長につながる怒り方でないと意味がないような気がします。

 

 

あなたは、言っていることは分かるけど、言い方が気に入らなかった経験はありますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain