読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

叱るか何も言わない?

 

f:id:kazuhotel:20170124021650j:plain

 

 私は、学校や職場では怒られて育ってきました。ダメなことをすれば怒られる。ちゃんとやれば怒られない。そのいずれか…。だから、何も言われないときは良かったんだと思います。それでも、「頼りにしている!」「すごいね!」と言われれば、当たり前ですが嬉しいし、モチベーションやパフォーマンスも上がります。褒めることは必要か?仲間内でそんな話になりました。

 

私が経験してきた「怒る」か「何も言わない」の2つ。体育会系で育ってきた人は、何の抵抗もなく受け入れられたとしても、怒られてばかりでテンションが下がってしまう人だっています。「甘えている」「気合いが足りない」と言えばそれまでですが、結果を良くすることが目的だと考えれば、それでは良い結果が出るまで時間がかかってしまいそうです。わざとらしく褒めたり、怒り過ぎだからたまには褒めなきゃいけないなんて考える必要はないと思いますが、良いところを見つけたら褒めることも必要かもしれません。「おかげでうまくいったよ。ありがとう!」たったひと言でも、驚くほどの結果を出してしまうことだってありますからね。

 

 

あなたは、「褒める」必要はあると思いますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain