読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

記事の変化は、心境の変化?

 

f:id:kazuhotel:20170219065249j:plain

 

「最近のブログ、言い切るような書き方に変わったね。」久しぶりに読んだという人からそう言われました。このブログはもともと、それが正しいのかどうか判断ができない内容について「どうなんでしょうね?」という書き方をしていました。今でもそうやって書いているつもりなんですが、読み返してみると言い切っていたり、Aの方が正しいと言っていることが…。その人曰く、その理由は人に教えることが多くなったからではないかと。教えるとまではいきませんが、確かに最近は人にアドバイスをしたり、自分の考え方を説明するような機会が多かったんです。言い切らないといけない状況。だから、ブログの書き方も変わってしまったのでしょうか…。

 

自身が置かれている状況によって、表現されるものが変わる。本当はよくないことなのかもしれませんが、多かれ少なかれ出てしまうこともあるような気がします。例えばコンペのプレゼンでも、「この仕事を取らないと会社がもたない…」という状況の人からは鬼気迫るものを感じますし、参加できるだけでもヨシと考えている人はいい感じに力が抜けていたりします。もちろん自分の状況に関わらず高いパフォーマンスができる人もいますが、私はできないタイプ。だからきっと、良いデザインをする以前に、適した状況に身を置いておく必要があるのかもしれません。

 

あなたは、自分の状況によってやることに変化はありますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain