読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

5分でデザインはいい加減?

 

f:id:kazuhotel:20170507230843j:plain

 

「実はこの曲、5分で考えたんですよ」。その曲の評判が良かったら、「そんな短時間でスゴいですね♪」となります。でも、その曲が鳴かず飛ばずだったら、「たったの5分で、いい曲が書けるはずないだろ!」となる。だから、5分という時間が、良い曲を作るための時間として短いかどうかは結果次第。結果が出れば、制作に費やした時間は関係ないんです。それに作ったのが5分だとしても、制作に入るまでに素となる材料を集めてきている過程があるはずですからね。

 

単に時間をかければいいという考え方は、時に良い結果を生まない場合もあります。限られた時間でカタチにすることで、熟考すると無くなってしまう勢いや鋭さが残ることも。閃いてからカタチにするまでの時間が短いほど、はじめに頭の中に思い描いたイメージに近かったりもします。個人的に時間をかけてよいと思うのは、細部へのこだわりや仕上げの作業。私の場合、アイデアを出すときは、あえて時間を30分・1時間と制限していたりします。もちろん人によって適したやり方がありますし、費やした時間に比例して良くなっていくものもありますが、『時間をかけること=良くなる』に固執しすぎると、気づかないところで魅力を消してしまっているかもしれません。

 

 

あなた、5分でデザインしたモノより、1日かけたデザインの方が良いと思いますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。 

 

ちなみに、1年前はこんな記事でした↓

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plainf:id:kazuhotel:20160612063723j:plain