読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

私もいつかお客さん?

 

f:id:kazuhotel:20160623050950j:plain

 

 学生時代、勉強がてら人気ブランドショップなどに、内装や商品を見に行っていたことがありました。門前払いされることはありませんでしたが、明らかにお金も持っておらず買う意思のない若造など誰も眼中になく、気になったことを質問しても受け流されていました。ある時、車のディーラーに無理を承知でカタログをもらえないか尋ねに行くと、「内緒ですよ」と快く1冊くれたことが…。その1冊のカタログで、車のスケッチをたくさん練習したのを覚えています。

 

そんな私がはじめて買った車はそのメーカーのもの。中古だったので、メーカーには何の得にもなってはいませんし、手頃な価格がたまたまそれだったこともありますが、少なからずそのメーカーに対して持っていた良い記憶が後押しになったことは確かです。先のことは分かりませんが、新車を買うとしたら今のところそのメーカーの車にするつもりです。学生時代の私は、お店にとって商品を購入してくれるお客さんではありません。でも、いつかはお客さんになる可能性がある人でもあります。購入意思の高い人、購入する所得がある人、新婚さん…など、すぐに売上につながりそうな対象ばかりを気にしてしまいがちですが、その対象からもれた人たちも大事なお客さんではないかと。家のたたずまいを見ながら、チラシを投函する家としない家を選別している人を見かけて、ふと思ってしまいました。

 

 

あなたは、すぐにメリットがないことについてどう考えますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain