読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

知識の判断?経験の判断?

 

f:id:kazuhotel:20161001075718j:plain

 

 私はこれまで家具に関わる仕事が多く、プライベートでもたまに日曜大工を楽しんでいます。子供の頃に日曜大工をやりはじめた当初は失敗の連続で、その度に勉強になっていました。子供の頃にはじめてつくった棚。たくさんの釘やネジで固定してもグラグラ揺れて全くダメ。理由が分からず調べた方法を試してみると、グラつきが一発で解消しました。棚の後ろを×の形に固定する『筋交い』を入れただけです。「全然ダメだったのに、筋交いを入れたらグラつきが無くなった…」。その工法の効果は、本で勉強することでは実感できません。

 

体験が難しい、もしくは不可能なことを除けば、体験していないことの知識や情報が正しいと判断するのは、あまりよくないことだと思っています。どんなに頭がキレる人だって、経験した人の知識には及ばない。以前、私の知り合いに建築現場で働く対照的な2人の現場監督がいました。1人は資格を持っているAさん。Aさんはその知識を活かして職人さんたちに具体的な指示を出していました。もう1人は学生時代に建築現場でバイトをしていたBさんです。Bさんは、全体の指揮に徹して具体的な作業のやり方を職人さんに任せていました。仕上がりの出来が良かったのはBさんの現場。自分がバイトで体験したからこそ、細かな口出しはかえって逆効果であると考えた判断です。

 

 

あなたは、経験したことがないのに分かった気分になってしまうことはありませんか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain