デザインのはてな

身近なところでたくさんの発見!

スピードはピカイチ?

 

f:id:kazuhotel:20160917152808j:plain

 

 コンビニに長蛇の列。そんなときはテキパキとレジ作業をやってもらいたいと思いますが、いざ自分の番になったときにものすごいスピードで対応されたら、それはそれで「ん~」とあまり気持ちがよくなかったことがあります。朝の出社前のコンビニだったら、みんな急いでいるので対応が速いにこしたことはないのですが、スピードだけでも物足りない…。私がわがままなだけですが、コンビニの例はともかく、1つの大きな魅力のために他をおざなりにしてもよいか?というテーマが気になりました。

 

例えば、激安ショップ。どこの店も価格を限界まで安く提供しようと、経費を削減して努力しています。それでも、最低限のサービスや人手は確保しているから支持される。もし仮に、もっと安いお店があったとしても、商品が乱雑に並べられていたり、店員さんを探して呼ばないと会計ができないような環境だったら、きっと支持はされません。1つの大きな魅力があることは素晴らしいことですが、他の部分も最低限のところまでは無いといけない。とんでもなく能力の高い人でも、最低限の規則や礼儀を守れない人だったら、付き合いたくないと思うかもしれません。ただ、この『最低限』が人によって異なるので、どこまであればよいかは難しいところですね。

 

 

あなたは、「1つの大きな魅力があるけど、他に魅力がないモノ」を選びますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*イラストに登場する人や物は、すべて架空の設定です。内容は偏った見解ですが、物事を考える上で何かひとつでも気になってもらえたら嬉しいです。

 

f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain f:id:kazuhotel:20160612063723j:plain